サイトマップ
リンク




 歯科専用CTの導入

従来のパノラマ X 線写真では、2次元的な平面での撮影しかできませんでしたが、歯科専用CTスキャンの導入により3次元の立体画像での撮影が可能になりました。


今まで把握できなかった骨の形状などを正確に撮影することが可能となり、より正確な診断、質の高い治療が実現します。


もちろん、すべての診断にCTが必要なわけではありませんが、インプラントや外科処置の診断、進行した歯周病の骨吸収の度合いを診断する際には効果を発揮します。


特にインプラント治療においては、事前にインプラントを埋入する部位の骨条件を把握しておくことができるようになるため、CT診断の有効性が非常に高い治療分野と言えます。


また、従来からのレントゲン写真では、はっきり見えなかった状況が、CT画像であれば鮮明に見えるようになります。その結果、レントゲン写真では判別が困難であった痛みの症状の原因究明に役立てることが出来るようになりました。



 歯科専用CTの利点と欠点

利点
・被爆量が少ない
 (およそ医科用CTの1/5)
・高画質である
・金属アーチファクト(画像乱れ)が少ない
・数秒単位で三次元画像を構築できる
・医科用CTのように閉所に頭部を入れることなく撮影が可能


欠点
・歯科では保険が適用外である
・軟組織の変化はあまり反映されない









ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府東大阪市近江堂2−10-49
医療法人 岩見歯科クリニック