サイトマップ
リンク



ミニインプラントとは、入れ歯を安定させるために下顎の骨に直径2.0〜2.5mmのチタン製のインプラントを植立する治療法です。


標準的なインプラントはチタン製の人工歯根を顎の骨に植立して、失われた歯の代わりとなるように開発された治療法ですが、ミニインプラントは、失われた歯の代わりとなるものではなく、入れ歯を落ち着かせるための装置といったほうがイメージしやすいと思います。


特に、総入れ歯を使用されている方は、下顎の入れ歯が動くことで不自由を感じられていることが多いようです。


歯茎が痩せてしまっていることが多く、入れ歯をいれてもささえてくれるところ(=顎提)がなく顎を動かしたり、噛んだりすると、入れ歯の位置がかわり、それが粘膜の薄いところにあたって痛みを感じたりします。


ミニインプラントを植立し、その上に入れ歯を装着することで、入れ歯を安定させることが出来ます









ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府東大阪市近江堂2−10-49
医療法人 岩見歯科クリニック