サイトマップ
リンク




 インプラントとは
インプラントとは、第二の永久歯といわれるように、ご自身の歯に近い状態を取り戻すことができるものです。


歯冠だけでなく歯根まで失ってしまった歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に植立し、その上に人工の歯冠を取り付ける治療法です。


人工の歯根を顎の骨と結合させるので天然の歯とほぼ同等の噛む力を取り戻すことができます。



 インプラントの構造
フィクスチャー
歯の根に相当する部分です。顎の骨の状態にあわせてフィクスチャーを選択します。



アバットメント
フィクスチャーと上部構造の人工歯をつなげる部分です。アバットメントで人工の歯が歯肉から生えているように見せることができます。



人工歯(上部構造)
歯肉から出ている部分です。人工歯の素材はセラミックなど様々あり、機能性と審美性によって選択することができます。



 インプラント治療の利点
1.噛む力が天然の歯とほとんど変わりません
これはインプラントを顎の骨に植立して、完全に固定しているからです。


2.周囲の歯を傷つけない治療法
歯を失った部分のみを処置することができ、また単体で力を支えられるため、ブリッジのように前後の歯を削ったり、部分入れ歯のように前後の歯にバネをかける必要がありません。


3.美しい仕上がり
周囲の歯に合わせた上部構造の人工歯を選択すれば、高い審美性が期待できます。また、インプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐ効果があります。



 インプラント治療の欠点
1.治療期間が長くかかる
顎の骨に植立したインプラントが、周りの骨と結合するのに2ヶ月から6ヶ月かかります。その後に上部構造の人工歯を取り付けますので、トータルで3ヶ月から7ヶ月程度かかります。


2.治療を受けるのに制限
糖尿病や心臓病など全身の状態によっては、インプラント治療ができないことがあります。インプラント治療を希望される方は主治医とご相談ください。


3.健康保険がきかない自由診療
インプラントは自由診療扱いのため、保険がききません。使用するインプラントの種類や本数、人工歯の種類によって費用は異なります。



 インプラント治療の流れ
1.診断と治療計画
レントゲンなどによって十分な診断の後、治療説明を受けます。




2.インプラント植立
チタン製の人工歯根を顎の骨の中に植立します。 



3.骨との結合を待つ
インプラントと骨がしっかりとくっつくまで3ヶ月から6ヶ月待ちます。この期間、一般的にはインプラントのうえに仮歯を入れておきます。



4.歯の装着
骨としっかり結合したら、上部構造(人工歯)を取り付けます。










ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府東大阪市近江堂2−10-49
医療法人 岩見歯科クリニック