サイトマップ
リンク




 歯を失った場合の治療方法
歯を失った場合、今まではブリッジや入れ歯などの治療法が一般的でした。


しかしブリッジは、健康な歯を削る必要があります。削った歯は痛みやすく、削った歯がダメになるとさらに大きな範囲のブリッジを作る必要性が生じ、ついには大半の歯がだめになってしまうようなことが十分に考えられました。


また、入れ歯は異物感が大きく、食べにくい、しゃべりにくいなどの不自由さがあります。


インプラントは、顎の骨にしっかりと固定されるので残った歯に負担をかけることがありません。また天然の歯と同じように物を噛んだり、話したりすることのできるために、インプラントは高い評価を得たのです。


その結果、ここ数年でインプラント治療は急速に普及しました。



 ブリッジ(歯を失った場合の治療法)
歯を失った前後の歯を削り、連結した被せ物を取り付けます。この方法は、噛み心地もよく違和感もほとんどありません。


また、材質を選択することで自然な外観を取り戻すことができます。


しかし、ブリッジを支え固定するためには健康な歯でも削る必要があります。また、3本分の噛む力を2本の歯で支えることになります。


短期間では、問題にならなくても何年も時間が経つと、前後の歯は噛む力に耐えられなくなって、歯を失う原因となることがあります。


つまり、失った1本の歯のために前後の2本の健康な歯が犠牲になる可能性が大きいということです。



 部分入れ歯(歯を失った場合の治療法)
「部分入れ歯」は床(しょう)と呼ばれるピンクのプラステイックの土台と、クラスプという金属製のバネがあります。


歯茎の土手に床をかぶせ、健康な歯にクラスプをかけて固定します。取り外しができるので、お口の清掃はラクにできますが、食後に必ず外して清掃しないと清潔を保てません。


一番の苦痛は、口の中に異物が入っているという“異物感”でしょう。


当然、プラステイックの床より歯肉のほうが柔らかいので、噛む時に歯肉に圧力がかかり痛みが生じることがあります。


また、クラスプがかかっている健康な歯に負担がかかり、次第にぐらついてくる可能性があります。



 インプラント(歯を失った場合の治療法)
インプラントは人工歯根とも呼ばれます。その名の通り、人工の歯根を顎の骨に植立し、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。


顎の骨と直接結合することで、天然の歯とほぼ同等の噛む力を取り戻すことができます。


違う点をあげるとすれば、インプラントの周囲には、天然の歯にある歯根膜という「噛みしめ感」を感じる組織がないということです。


人工の歯根にはチタンという金属が使用されます。チタンは、体内に入れても拒絶反応がない素材で心臓のペースメーカー等にも使われている材料です。









ホーム |診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス 
大阪府東大阪市近江堂2−10-49
医療法人 岩見歯科クリニック